私が素質研究会國貞幸司事務所の所長です!


by fillheart

素質論を日常生活で活用するためにはどうすればいいですか?

先日、ある入門講座でこのようなご質問を受けました。

入門講座では素質論の概要をお伝えする講座なので、
素質論スキルを向上させるための具体的なお話は、質問がない限り、いつもしていないのですが・・・



その講座では、素質論を使うことにとても熱心な方がいらっしゃったので、
基礎理論でお話ししている“検証”についてお話しをしました。

基礎理論を受講された方は聞いたことがあると思いますが、
テキストには素質論スキルを鍛えるための方法として、
“ファシリテーションチャート”というトレーニング方法が紹介されています。

まさにあの流れが“検証”です。

このブログでも、芸能人や有名人の時事ニュースを取り上げて、
素質から様々な検証をしていますが、活用する上でこの検証がとても重要なんです。

ずばり素質論を活用できる人と活用できていない人の差は“検証”の量と質の差です。

検証を一言で説明すると、“出来事を素質で把握すること”です。
起こっている出来事が素質で理解できると、具体的な対応方法が導き出せるようになり、
その対応によって、自分の求める結果を手にすることができるようになります。

しかし、素質論を知っていても、素質論を使いこなせない人は、
素質の特徴は知っているのですが、対応方法がセットになっていません。
だから、起こっていることは理解できても、具体的な対応方法が導き出せず、悶々としてしまいます。。

素質論を活用できているということは、今まで対応できなかった出来事に対応できるようになることです。
たくさん素質の情報を頭の中に蓄えたとしても、対応できなければ何の意味もないのです。

ぜひ目の前で起こっている出来事を登場人物の素質を調べて検証をしてみて下さい。
きっと素質論の活用効果がリアルに体感できるはずです。
by fillheart | 2013-10-26 02:55 | Q&A