私が素質研究会國貞幸司事務所の所長です!


by fillheart

素質論は英会話に似ている!

先週末は大阪から福岡、福岡から名古屋と大移動する激動の3日間でした。
最近、素質論の講座をしていてすごく感じるのが、
素質論に出会って、意識が変化している人が増えてきていること。
講座に初めて来たときと、素質論を活用している今とでは、
周りが感じる雰囲気もいい意味でガラッと変わってきているんですよね。



昨日、名古屋の活用塾アドバンスで、
素質論を学ぶ前と学んだ後のビフォーアフターを、
受講者全員にそれぞれの視点で話していただいたんです。

すると、皆さん、多かれ少なかれ日常の意識が変わってきているんですよね。
自分ではまだまだ使いこなせてないって思っている人も多かったですが、
その自覚が、検証をすすめていく原動力にもなっていて、
ノウハウだけに振り回されずに、思いやりと洞察力がしっかりと伴っている印象を受けました。

名古屋の素質論講座の主宰をしてくれているはるさんが、
素質論について、名言を残してくれました。

「素質論は英会話に似ている」

英語の単語や文法をたくさん知っていても、英語で会話できない日本人は巨万といます。
偉そうに言ってますが、私も大学受験で英語を勉強して、
英字新聞まで読んでいたのに日常会話すらできません。
素質論も、基礎理論3まで学んでいる人でも、日常で使えていない人がいます。
それは英語と同じ理屈のような気がします。
いくら知識があったとしても、実際に日常で使っていないと使いこなせるものではありません。

英会話ができるようになるには、英語を話す人たちと英語で会話することですよね。
素質論も全く同じです。素質論を使っている人たちと会話をすることで、
素質論がどんどん使えるようになってきます。
素質論を会話できる友達が、皆さんの周りにはいらっしゃいますか?
もし講座を受けたのに、素質論がなかなか活用できていない人は、
そんなところに理由があるのかもしれませんね。
by fillheart | 2009-07-20 19:57 | 日々の出来事