私が素質研究会國貞幸司事務所の所長です!


by fillheart

漂流人生になる前に・・・

このブログを書くようになって、おかげさまで素質論カウンセリングの依頼が増えました。
今まで依頼をいただくクライアントさんは圧倒的に経営者が多かったのですが、
最近は経営者だけでなく、お勤めの方から専業主婦さんまでさまざま。ありがたいことです。

以前、仕事の悩みに関する相談が増えているとこのブログでも書きましたが、
自分の人生の方向性についての相談も多いです。
昨日もそんな人生の方向性についての相談でカウンセリングを行っていました。



人によって幸せのかたちは違うといいますが、自分の幸せのかたちを即答できる人はあまりいません。
かくいう私も素質論を学ぶまでは、即答できたかというとできなかったと思います。

自分の人生の方向性について悩んでいる方も2つのタイプの方がいらっしゃって、
一つは、自分らしい人生の方向性自体が分からないという方と、
もう一つは、自分らしく生きたいのだけど、それがかなわないという方。

カウンセリングを進めていくと、実はいずれのケースでも根本は同じで、
環境が整っていないことが原因にあると私は感じます。
素質論では、素質タイプごとに“自分らしくいられる環境”というものが分かります。
クライアントのお話しをうかがっていると、ほとんどの場合がその環境が整っていないどころか、
その真逆で、“自分らしくいられない環境”に身をおいている方がほとんどです。

自分の人生の方向性を見失って、ただ何となく生きる“漂流人生”になる前に、
自分がどうなれば幸せなのか、自分らしく生きるってどういう状態なのか、
人はこの答えを外に求めますが、その答えは必ず自分の中にあります。
それを知る方法は素質論だけでなく、他にも様々な方法が巷にはありますが、
大切なことはテクニックや手法ではなく、自分を知りたいという好奇心と内観する時間を作ることです。

私が素質論の資格者となり、こういった活動を繰り広げているのも、
自分の人生の方向性が明確になり、それに対して自分の感情に正直に行動している結果です。
これはできるできないの問題ではなく、したいかしたくないかの二択です。
人として生まれてきた以上、後悔のない上質な人生を歩みたいものです。
by fillheart | 2009-05-30 07:37 | 素質論コラム