私が素質研究会國貞幸司事務所の所長です!


by fillheart

【検証】小室哲哉の人生の光と影

今日、小室被告の猶予判決が確定したというニュースを見ました。
私が大学生のときに、一世風靡した人物だっただけに感慨深いものがあります。
かつて時代の寵児とまで呼ばれた男が、なぜここまで落ちぶれてしまったのか?

そう思うと俄然、興味が出てきたので、今回は小室哲哉の素質を検証してみました。



まずは彼の素質を調べてみました。

小室哲哉 125-000-025-1255

夢やロマンを追い求め、枠にとらわれない自由な発想も持ち合わせ、
社会貢献の意識も高く、地道に自分のペースでコツコツと人生の歩みを進めていく。
そんな人物像が素質から読み取れます。1st-2nd-3rd、いずれも性質の全く違う素質なので、
小室哲哉は自己矛盾がわりと大きいタイプと言えるかもしれません。

これほど堅実で地に足をつけて物事を考える素質を持つ彼が転落することになったのは、
その自己矛盾の激しい彼が、世間からあまりにも注目され過ぎたことによって、
2ndが強く意識されたことが原因にあるような気がしますね。

小室哲哉が持つ1stの125が現実派なら、2ndの000はいうなれば妄想派。
000は感性が鋭く、生まれながらの自由人です。
音楽の世界に踏み入れた当初は、自分が大好きな音楽に夢やロマンを感じながら、
マイペースでコツコツと成功へ向かって歩を進めていく125だったのが、
TM NETWORKで一躍有名になり、どんどん2ndの000が強く出るようになったのではないでしょうか。

125は現場でプレーヤーとして活躍することを好みますが、
000は裏方でクリエイティブなことをすることを好みます。
小室哲哉はTMN終了前後から、裏方である音楽プロデューサーとして、
様々なアーティストの作詞作曲を手がけて、ヒット曲を次々として生み出し、
小室哲哉がプロデュースしたアーティストは小室ファミリーと呼ばれるようになりました。

そうして急激に成功していった結果、彼を取り巻く環境や生活レベルも一変し、
1stにある125より、2ndにある000がどんどん強く出るようになっていた可能性が考えられそうです。
000は権威性を大切にし、周りから認められたいという気持ちが強い素質なので、
自分の価値が下がるようなことはしたがらない傾向があります。
お金がなくなっても、生活レベルが下げられなかったのは、このことが原因していたのかもしれませんね。

彼は今回の猶予判決に対して、このようなコメントをしています。
「初心に帰って人の役に立つ曲をつくりたい」と。
人の役に立ちたいというこの言葉こそ、ベクトルEの125から出た言葉そのもの。
この事件をきっかけにして、彼はようやく素の自分に戻ることができたのかもしれません。

彼は今までに3人の女性と話題になりましたが、
それぞれ素質を調べてみました。

華原朋美 000-100-000-0007
ASAMI 024-555-919-0248
KEIKO 789-000-001-7897

こうして見てみると、付き合っていた当時の彼の状態が想像できます。
華原朋美とは、000の小室哲哉。
ASAMIとは、大成功している小室哲哉。
そして、KEIKOは精神的に追いつめられた小室哲哉。

興味ついでに、ASAMIと結婚した時のタイムコードと、KEIKOと結婚した時のタイムコードも調べてみたら、
その結果に思わずびっくり!! タイムコードとピッタリと符合する結果が出ていました。
ASAMIと“デキ婚”し、離婚した年は、8-4。これは100年に一度起こるか起こらないかの大激震の時期。
それに対し、KEIKOと結婚した年は、8-5。これは8-4と違って、周りの人に支えてもらえる絶好調の時期。

もし、小室哲哉が素質論に出会い、8-4の時期をうまく乗り切っていれば、
ASAMIと離婚し、慰謝料7億円も支払うことだけは避けられたのかもしれませんね。今更だけど(笑)

ちなみに、今回の詐欺事件で逮捕されたときのタイムコードは、6-2。
6-2も、8-4に匹敵するほど、大激震の時期です。影響が強いタイムコードだと、
年が変わる前に徐々に影響が出てくることがあります。
彼が捕まったのも昨年の11月頃ですから、
その頃から6-2の悪い影響が徐々に始まっていたのかもしれません。

こうしてタイムコードから彼の人生をひも解いてみても、まさにジェットコースターのような人生ですね。
こういったタイムコードを持っている人は、何か大きな役割を担って生まれてきている人がほとんどです。
だから、今回はこんな残念な結果でしたが、執行猶予がついたことで再起するチャンスを得ましたし、
小室哲哉はまた音楽で社会に貢献していける気持ちも実力もある人だと、個人的には思っています。

それにしても、今回の検証はタイムコードの威力を改めて実感する内容でした。
タイムコードをしっかりとマネジメントして、小室哲哉の二の舞にはならないようにしたいですね。
by fillheart | 2009-05-26 01:58 | 検証