私が素質研究会國貞幸司事務所の所長です!


by fillheart

素質論資格者としての使命

長かったようで短かったアドバイザー育成講座が終了しました。
非常に濃い内容でしたが、集まった受講者も濃いメンバーが集まって、
全ての参加者がターニングポイントになる、そんな感触のあった今回の講座でした。



いろいろあった話の中で、これからの素質論活動に生かせるフレーズが数々ありましたが、
その中でも、私が印象に残ったものが二つありました。

■育つという言葉は素が立つから“素立つ(そだつ)”
この言葉の裏には、その人らしく生きられないから育たないということがあるんですよね。
1stエレメントで生きるために、素質論資格者として何ができるか。
今後の素質論活動する上で、強く意識したいフレーズでした。

■相手の心をコントロールするのではなく、出来事をコントロールする
これは私自身も講座で普段言っているフレーズでもあるのですが、
受講生の立場で聞いて、再認識した言葉でした。
素質論を知ると、多くの人が人の生年月日を聞き、
素質から相手を思い通りにコントロールしようとします。
しかし、そういった人々が素質論を使いこなして、上質な人生を歩んだ例は過去にありません。
素質論を活用できる人は、出来事をコントロールし、人の心のエネルギーを動かせる人物になります。
素質論が帝王学に由来する所以はここにあります。
それを実現していくために、ツールとしての素質論の活用方法を伝えていくことが、
素質論資格者としての私の使命だと改めて感じました。

こういったこと一つ一つを肝に銘じて、
気持ちを新たに素質論に邁進していきたいですね。
by fillheart | 2009-05-25 02:53 | 日々の出来事