私が素質研究会國貞幸司事務所の所長です!


by fillheart

【検証】大桃美代子 VS 麻木久仁子

先週、麻木久仁子さんがニュース番組のコメンテーターを降板されたというニュースを見ました。
その報道を見て、昨年末に大桃美代子さんがツイッターでつぶやいて、
大桃美代子さんの元夫の山路徹さんと麻木久仁子さんの不倫が発覚した事件を思い出しました。
そこで、今回は麻木久仁子さんの不倫騒動について検証してみたいと思います。




まず、不倫騒動に関連している三人の素質を調べてみました。

大桃 美代子 025-001-001-0250-F-i-c
麻木 久仁子 100-919-100-1001-E-h-i
山路 徹 919-919-025-9196-D-i-c

見事なぐらい、共通点の多い3人ですね。

この騒動の発端は、大桃さんが12月19日の深夜に書き込んだツイッターのつぶやきでした。
そのつぶやきは次のような内容でした。

「今年嬉しかった事は、Twitterを始めて色々な方と出会えたこと。
ショックだったのは、元夫が麻木久仁子さんと不倫をしていた事がわかったこと。
先輩として尊敬していたのに、ショック(´Д` )どうして(ToT)辛い」

このつぶやきで麻木久仁子さんと元夫の山路徹さんの不倫が発覚。
大桃さんはこのつぶやきを書き込んだことについて、
「衝撃と怒りで感情が抑えられなかった」と会見で語っています。
大桃さんが持つ025は、自分だけが知らない事があったり、
秘密を作られると、とても大きなストレスを感じる素質です。
麻木さんと山路さんとの関係を知った時は相当なショックだったと想像できますねー。

このつぶやきで騒動となり、12月22日に麻木さんが会見を開きました。
麻木さんは会見で次のように語っています。

「言われている通り、お付き合いしておりました」
「離婚について私は関わっていないという思いがありますし、何で今だろうとも思いました」
「わたしは山路さんとの話のなかで納得していることがあるように、
あちらにはあちらの人間関係があったのかもしれない。
そこに思い至らなかったのは不徳の致すところ」

交際は認め、反省は口にしてはいるものの、不倫については全否定。
結局、麻木さん自身は離婚と関わりがないことを強調するだけで、
大桃さんへの謝罪も一切ありませんでした。

この会見を見ていて気になったのは、弁護士同伴だったことです。
麻木さんが持つ3rd(左から3つ目)の100は、何か問題が起きると専門家に任せる傾向性があります。
なので、会見で弁護士同伴という対応を見たときに、
麻木さんは心中穏やかでなく、相当追い込まれているなと率直に感じました。
麻木さんが語った通りの状況なら、弁護士同伴で記者会見をするのは、
いささかやり過ぎだと思ったのは私だけでしょうか?

そして、12月24日に騒動を巻き起こした張本人である大桃さんも、
記者会見を開き、自分の心情を語りました。内容は次の通り。

「6年前はまだ結婚していた時期、ショックでした。
離婚の原因は、主婦としての私に至らないところがあったと思っていましたから。
私としては別れたくなかった」

大桃さんの抑えきれない怒りや悲しみが伝わってくるコメントですが、
この発言のポイントは、大桃さん自身は別れたくなかったという点です。
大桃さんが持つ001は納得しないと決めることができない傾向性があるのですが、
025は相手の気持ちや感情を優先する傾向性があり、その自己矛盾で苦しんだ事が伺えます。
最終的に主婦として至らなかったという理由で自らを納得させて、
離婚したいという夫の気持ちを尊重したのでしょうね。

しかし、麻木さんと山路さんがつきあい始めた6年前という時期が、
大桃さんが離婚をする前、つまり、山路さんとまだ結婚していた時期と重なっていて、
たしかに“不倫”してたわけです。
しかも、麻木さんも離婚する前ですから、言ってみれば、W不倫。

この事実によって、今まで自分を納得させていた理由が完全に崩壊したわけです。
しかも、大桃さんは会見で山路さんと麻木さんが「婚姻関係」にあり、
そのショックで、ツイッターに思わず書き込んでしまったと暴露しています。

しかし、麻木さんは22日の会見で山路さんとの結婚について、このように話していました。

「娘が20歳になるまでは結婚はしない」
「遠い将来にそういうこと(入籍)があればいいねという話をしたことはあった」

完全に婚姻関係を否定していますね。
この矛盾について、麻木さんは次のようにFAXで回答しています。

「前略
私事でお騒がせし、申し訳ありません。
大桃美代子さんの会見の内容を伺いました。
わたくしの認識とは、食い違うこともあるようです。
男女の間では必ずしも、あからさまな事実のみが語られるとは限りません。
時には思いやりから『優しい嘘』をついて下さったこともあろうかと、受け止めているところです。
今はただ、山路氏と大桃さんの今後のご活躍をお祈りするばかりです。
婚姻関係にあったとのことについては、事実であり否定するものではありません。
ただ、極めてプライベートな点を含みますので、
後日改めて代理人の弁護士よりご説明させていただきたいと存じます。
草々 麻木久仁子」

かなり丁寧な言葉遣いで書かれていて、このあたりも3rdの100の慎重さが伺えますね。
“私は知らなかった、だから悪くない”というメッセージがこの文章全体から伝わってきます。
麻木さんの持つ919はその場しのぎをしてしまう傾向性がありますが、
その部分が出てしまったのかもしれません。
今回、そのことによってついた嘘が麻木さんのイメージをおとしめ、色々な影響が出ています。
番組降板は元々決まっていたことだと報道されていますが、果たして本当に無関係なのでしょうか?

私は今回の騒動について、麻木さんが対応を間違わなければ、
ここまで大きくイメージダウンすることはなかったと考えています。
大桃さんの素質から見て、麻木さんをおとしめるためにツイッターでつぶやいたというよりは、
自分が知らなかった事実が離婚の背景にあることを知って、
自分を納得させるために、単に真相が知りたかっただけなんじゃないでしょうか。
ツイッターでつぶやいたら、どんな影響が出るか、大桃さんなら分かっていたと思います。

しかし、麻木さんがとった対応は事実をはぐらかし、自分を守ることに終始しました。
もし、麻木さんが大桃さんの傷ついた気持ちに真摯に対応して、謝罪をしていれば、
大桃さんが会見で婚姻関係について、暴露することを止めることができたかもしれません。
この対決、世間の評価も大桃さんに軍配が上がったようです。
by fillheart | 2011-01-27 00:57 | 検証