私が素質研究会國貞幸司事務所の所長です!


by fillheart

【検証】 宮里藍の涙

昨日、プロゴルファーの宮里藍選手が米ツアーで優勝し、スピーチする様子が映っていました。
思わずもらい泣きしてしまうほど感動のコメントでした。
というわけで、今日はこの優勝インタビューを検証してみます。



私がこのインタビューがとっても気になったのは、
いつもは涙をこらえて、唇を噛みしめてコメントしている宮里選手が、
涙をこらえずに泣きながらコメントしていたからなんです。

その理由はコメントを聞いて、すぐに分かりました。
宮里選手は優勝インタビューで次のようにコメントしていました。


「ロレーナにありがとうと言いたいです。彼女がLPGAで成し遂げたすべてに感謝し、
ここメキシコの人々に勇気を与えたことに感銘を覚えています。
彼女は私の親友。これから寂しくなります…」

実は今回の宮里選手が優勝した米女子ツアーは、
宮里選手の親友であるロレーナ・オチョア選手の引退試合でもあったんです。
ですから、次のようにも語っています。

「オチョアが最後の試合で、勝てたのは私にとって本当に特別」

どうも宮里選手にとって、ロレーナ選手はただの友人ではなく、
プレイが不振な時に、自分を励ましてくれた良き相談相手でもあったようです。
だから、彼女の引退はとても思い入れがあったのでしょうね。

また、ロレーナ選手は自分で基金を設立し、
母国に学校を作ったりするなど、ボランティアにも力を入れていて、
そういったところも尊敬できる友人だったようです。

そこで、宮里選手の素質を調べてみました。

宮里 藍 025-100-025-0256-A-f-g

いつもCMなどで見かける宮里選手はニコニコしているのに、
ゴルフをしているときはとても厳しい顔つきになるなぁと思っていたんですが、
1stの025と2ndの100とのギャップだったようですね。
025は相談できる相手が一人でもいると、モチベーションが上がりますが、
それが宮里選手にとって、ロレーナ選手だったんですね。
ベクトルHにとって、別れはとても辛いものです。寂しいというコメントにもその傾向性がうかがえます。
普段のコメントでは堂々とした自分を見せたい宮里選手も、
この日ばかりは友との別れで涙をこらえきれなかったといったところでしょうか。

宮里選手にとって、記念になるはずのウイニングボールも、「勝ったら渡そう」と決めていたそうです。
カップから拾い上げたボールに「TO Lorena」と自らのサインを入れ、オチョアにプレゼント。
国を超えて通じ合った二人がこぼれる涙をぬぐおうともせずに肩を寄せ合っているのを見て、
思わずもらい泣きしてしまった素敵な優勝インタビューでした。
by fillheart | 2010-05-09 17:03 | 検証