私が素質研究会國貞幸司事務所の所長です!


by fillheart

【検証】人気知事たちの反乱

連日、宮崎の東国原知事の報道で忙しいですねー。
それに呼応するように、大阪の橋下知事も動き出したようですしね。
この二人、地方分権を実現するという目的では一致しているもののアプローチは全く違っています。
今日はこの二人のアプローチの違いを素質で検証してみようと思います。



二人の今回の動きを見ていると、
橋下知事は自治体の長を集めて政治グループを作り、
対霞ヶ関の構図を作り出し、今の国のシステムを変えていこうというスタンスですが、
自民党から次期衆院選の立候補要請を受けた東国原知事は、
自分を自民党総裁にし、マニフェストを取り込むことを出馬する条件として要求し、
自民党を変えることで国を変えていくというスタンスのようです。
“今度の選挙は地方分権選挙なんだ”と東国原知事は鼻息荒く会見でおっしゃっていましたが、
なんか郵政選挙の時とよく似ているような気がするのは私だけでしょうか。
気になってきたので、東国原知事と小泉さんの素質を調べてみました。

東国原 英夫 000-100-100-0008
小泉 純一郎 100-108-024-1008

この二人、たしかに似ていますね。コアの末尾が8まで同じでした。
1stの000と100は、権威性のある大きな組織で拡大展開し、目標を達成する意欲がとても旺盛です。
自民党という大組織を使って、自分が思う地方分権を進めていきたいという東国原知事の行動は、
1stの000のモチベーションからきているのかもしれません。
一部の記事では、“東国原劇場”なんて書かれ方をしていましたが、
意外に的外れな表現でもないのかもしれませんね(笑)

一方、橋下知事の素質はこんなかんじです。

橋下 徹 024-919-000-0242

橋下知事は自治体の長を集めて首長連合を結成し、20人ほどの規模になっていたようですが、
“支持する政党を決める”という発言で、同志であった横浜市長が、
「選挙の支援ではなく、政策の提言だ。先走ってはいけない」と釘をさされ、
橋下知事は孤立してしまっているようです。
以前から先走っちゃうようなところがあるなと感じてはいたのですが、
1stの024は焦ると周りのペースに合わせられなくなって一匹狼になることがあります。
橋下さんの今日のコメントにも焦りがうかがえます。
「地方分権を本当に進めていこうと思ったら、この機を逃したら次のチャンスはない」
また、大阪市の平松市長にも「焦るな」と諭され、
「今は焦らなければならない時期。僕は焦っている」と話したそうです。
興味ついでに、平松市長の素質も調べてみたら、やはり慎重な素質でした。

平松 邦夫 789-919-888-7891

平松市長としては、周りの意見も尊重して間違いのない選択をして欲しいというところかもしれません。

権威のある大組織を手っ取り早く手に入れようという東国原知事。
首長連合を作って、地方の政治パワーをフル活用し、国政に対抗していこうという橋下知事。
いずれにしても、内閣支持率が低迷し、国政が混乱している今だからこそ、
それぞれがイメージする改革を実行できるときなのかもしれませんね。
by fillheart | 2009-06-26 15:47 | 検証