私が素質研究会國貞幸司事務所の所長です!


by fillheart

介護前離婚!?

今日、とても興味深い記事を見つけました。
夫の親の介護が必要になる前に離婚する“介護前離婚”というのが増えているんだそうです。



東京都渋谷にある「離婚110番」には、40歳から50歳代を中心に、
実際に親の介護が必要になってからではなく、
それが現実化する前に離婚したいという相談が多いのだとか。
『夫が育児や家事に非協力的』とか、
『夫婦間の対話がない』というケースが多く、
どうやら、原因は夫の家庭に対する無関心な態度にあるようです。
仕事一筋で、普段から家事や育児を嫁さん任せにしている人は要注意ですね。

また女性にはもう一つの圧力がかかっています。
それを示すデータが、2006年に約3400人を対象にした日本大学の「健康と生活に関する調査」
68歳以上の高齢者が「介護してほしい」と思う相手の1位は配偶者(39・9%)だが、
2位は娘(18・3%)、3位は嫁(12・7%)。実の息子はなんと6・2%!
このデータを見ると、実の息子には期待していないことがよく分かります。
それに比べて、嫁さんにはわりと期待しているんですねー。
この介護の実態が嫁さんに対する更なる圧力となって、
介護前離婚を生み出しているといえるかもしれません。

介護前離婚や熟年離婚を防ぐには、
奥さんに感謝の念を持って、ねぎらうことを忘れず、
家事や育児にも積極的に参加する姿勢を見せることです。
そして、何より奥さんのストレスを日常的に溜めないために、
素質論を活用した密度の濃いコミュニケーションをとることが何よりの予防策かもしれませんね。
by fillheart | 2009-06-25 01:48 | 素質論コラム