私が素質研究会國貞幸司事務所の所長です!


by fillheart

【検証】鳩山大臣の辞任

今日、鳩山総務大臣が辞任したという報道を見ました。
どうも先日から話題になっている日本郵政の社長人事で、
このもめ事をおさめるかたちで大臣をお辞めになったみたいですね。
辞表提出後の会見で、鳩山さんが吠えまくっているのが興味深かったので、
今回はこの会見の発言を検証してみたいと思います。



まず、鳩山大臣の素質を調べてみました。

鳩山 邦夫 108-100-919-1088

重箱の隅をつつくようなことを言い出すのは、
2nd100の完璧な状態を追求する特徴が出ていたのかもしれませんね。
鳩山さんは先日、自分から辞めることはないと豪語されていましたが、
今回、自分から辞任したことについて、その理由を次のようにコメントされていました。

「罷免待ちだったが、仲間たちと相談して、潔く去るのがいいのではないかという若手議員が大勢いたので、
そうだなと思ってそういう道を選んだ。」

仲間と相談した結果、辞任することを選んだあたりは、1stの108がよく出ていると思います。
こういったことを正直に話すところや覚悟を決めて責任をとる潔さも108の特徴ですね。
自民党を離党するのかという記者の質問にも、
「さまざまな仲間たちからいろんな激励を受けている。仲間たちと相談する。」と語り、
108の仲間思いの面と、100の面倒見のよい面がよく出ています。
また、次のようなコメントもされていました。

「いずれ歴史が私の正しさを証明してくれる。
歴史と言っても50年、100年先ではなく、1年以内にも証明される。  
私は自分が正しい人間とは思わないが、汚れたことをやる人間は許せない。
それを許しては政治にならないというのが私の信念だ。
祖父鳩山一郎から正義と友愛は十分に仕込まれた。潔く去る。」

間違いが許せない100が吠えまくってますねー。
信念を語るところや潔く去るというフレーズは108の感覚ですね。

「麻生太郎という政治家を信頼をして、この人を総理にしてやろうと思って、3年前からやってきた。
今回の総理の判断は間違っていると思うが、今後は正しい判断で政治をやってくれると信じている。」

どうやら今回の辞任の最大の理由は麻生総理との信頼関係にあったようです。
108にとって、人間関係は信頼が全てです。
素直に間違いを認めない麻生総理は、108の逆鱗に触れたのでしょう。
麻生総理は鳩山大臣が辞任することになって、「悲しい残念」と言ったそうですが、
鳩山大臣はもっと残念だっただろうと思います。鳩山大臣が今後どう動くか注目したいと思います。
by fillheart | 2009-06-13 03:11 | 検証